オオクワ道楽
オオクワ道楽では、大型血統の久留米・能勢産のオオクワを中心に飼育を行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2本目へ交換(自己ブリライン)
週末の事ですが、自己ブリラインの2本目へ交換がほぼ完了しました。

多少菌糸の影響も受けましたが昨年よりも順調です。

35gUPですが、なかなか出ず焦りましたが

残り10本の交換でどうにか、A1ラインから2頭C1ラインから1頭の35gが出ました。

全てうさもんち氏の♀を使ったラインから出てきました。

うさもんち氏の♀を使ったラインは、どのラインも良好のようです。


Aライン(Gull氏13年12番)をが最も安定しています。

菌糸の影響分を除けば、殆どが30gUPです。


Bライン(Gull氏13年20番)はB1ライン(うさもんち氏)のみ順調ですが、

その他のラインは思った程大きくありません。

3本目交換時にどれだけ伸びるかがカギとなりそうです。


次にCライン(BKダイヤ氏13年7番)もC1ライン(うさもんち氏)が安定しています。

♂4頭と少ないのですが、アベレージ32gと安定しています。

他のラインも30gUPが出ていますので、今後の成長が楽しみです。


最後に♀ですが、一部小さな幼虫もいましたが15gから18gと安定しています。

♀に関しては少し幼虫が落ち着いてから、早期狙いで虫家に投入します。

昨年は早期が上手く行かず、使えなかった個体もいたので全て年内羽化が目標です。


※A1ライン①  ♂83mm(Gull氏13年12番)×♀52mm(うさもんち氏13年B2)
A1-12.jpg

※A1ライン②  ♂83mm(Gull氏13年12番)×♀52mm(うさもんち氏13年B2)
A1-13.jpg

※C1ライン ♂82.7mm(BKダイヤ氏13年7番)×♀51mm(うさもんち氏13年B2)
c1-4.jpg



★次回は種親紹介♀編の予定



スポンサーサイト




Copyright © オオクワ道楽. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。