オオクワ道楽
オオクワ道楽では、大型血統の久留米・能勢産のオオクワを中心に飼育を行っています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久留米種親紹介 その②
そろそろ越冬準備に取り掛かりますので

来年度の種親(候補)紹介をさせて頂きます。

今回は私が飼育の上で尊敬(凄腕)している一人であります

sendoさんからの里子個体(2頭)を紹介します。

1頭目は2番ライン82.5mmです。

種親♂82㎜(メルリンさん2009年12番血統)と♀51.3㎜(shima1007さん85.5㎜同腹)からの個体となります。

最大は83mmですが、♂7頭全てが81mmUPで羽化しており

非常に安定したライン(当りラインの1つ)のようです。

しかし、久留米で全て81mm以上とは凄いの一言です。

825mm.jpg

画像はありませんが♀も2頭(1番ライン、6番ライン)譲って頂いております。

特に6番ラインは最も当ったラインで♂12頭全てが80mmUP

最大で84.7mm(★で85mm)が出ております。

80mm以下ゼロとは凄腕ブリーダーはレベルが違います。

あと、今年86.3mm羽化させた凄腕ブリーダーのカネクワさんからも

♀を4頭補強(紹介は割愛)させて頂いております。

以上が久留米産種親候補個体(自己ブリライン除く)となります。

来年は能勢をメインに飼育するので、久留米はこれだけ居れば十分です。

スポンサーサイト




Copyright © オオクワ道楽. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。